墓じまいで改葬手続き

本日、ご依頼により多磨霊園にてご遺骨の引取り。みたま堂で長年にわたって一時収蔵
されていたご主人様のご遺骨をお預かりしました。
小平霊園の樹林墓地が当選したそうです。当選した枠は粉末状の応募枠。埋葬するため砕骨(粉骨)する必要があります。お預かりしてすぐ事務所へ持ち帰り、すぐさま作業。先に小平霊園に向かわれたご依頼者様に作業内容の写真とご遺骨をお渡しし完了。
続いて、八王子霊園へ…去年からご相談を頂いていた案件で、墓じまいを行い多磨霊園の共同埋葬施設へ施設変更を行います。八王子市役所で手続きも終わらせ、残すは撤去のみとなります。

南足柄市にて墓じまい

「知人の紹介でお宅を知った」と急遽、南足柄市へ。
市内にある某寺院。住職不在のお寺。その寺院にて待ち合わせ。
年配の依頼者様は、継ぐ人もいないから親戚の分と合わせて墓所を2つ片付け…そして埋葬してある遺骨は7柱。すべて海へ散骨して欲しいと。9月6日にお会いし、18日の日曜日に片付けて欲しいというご意向でした。ご希望に添い、18日にお墓の撤去が2基、大雨だったのですが無事に作業が完了。作業の片付けが終わる頃に、依頼者様が見え最終確認。確認が終わり駅までお送りする車中で「お墓なんていらない…」この言葉が頭から消えません…

とうとう

本日は、海洋散骨のためのご遺骨引取り日。入間市の仏子へ。
そして、そこから10分。国道を挟んだ先の狭山市へ。墓所撤去のお見積りです。
今まで、公立の霊園や寺院墓地のお墓の処分は多く請け負って来ましたが、いわゆる野墓地という集落で管理してきた共同墓地を「墓じまいしたい」と、今回ご相談を受けました。このような墓所は、昔からその土地にお住いで、現在に至ってもご親戚の繋がりが深い傾向にあると思われるのですが、どうして…
今回ご依頼を頂いた〇〇家が多く見受けられます。管理費が無いなんてこともあり、家からも近くて申し分も無いはず。事情については、とくにお尋ねしませんでしたが、そういう方も「とうとう」出てきたと印象に残りました。

そして、高速道路で都営八柱霊園へ移動。
ここでも、墓じまいのお見積り。別で墓石への追加彫刻のご依頼。

西門で大きな穴?工事をしていました。
水害対策をしているようです。これから水害が増していく日本。
丘カロート採用以前の民間霊園が、このような対策をとるのか?カロートは水没し故人様の遺骨は水攻めに?
「死んだらわからない」の一言で済めば、問題無いのですが。水害に合い思いがけない支出が霊園の経営を圧迫することも…大丈夫か?日本の霊園事情!

珍百景

先日、染井霊園横の寺墓地で墓じまいをお手伝いさせて頂いた依頼者様より、お菓子とお手紙を頂きました。
心より御礼感謝申し上げます。
埋葬と戒名の追加彫刻のご依頼を頂いたので本日は、豊島区の染井霊園へ。
不謹慎だと思うのですが「これは珍百景?」…〇〇家の正面文字が…左側面?!
また、墓誌も割れている墓誌を使用?
ふと…〇〇家は正面。墓誌は、かまぼこ型。それが当たり前だと思っていたが、なんだっていいんだと改めて思う。
故人を偲ぶために建立する。建てる事が目的ではない。割り箸だっていい。それは極端ですがそういう事ではないでしょうか?

お邪魔しました…

本日は、築地本願寺の横にある寺院で墓じまいです。
本願寺の門の前に駐車させて頂き、お邪魔してしまいました…
やはり都内の超一等地!とても墓所が狭いのが印象的でした。それと墓地を今求めたら「幾ら?…」なんでしょう…そんな疑問が残りました。さておき墓石を取り外して「ビックリぽん」です。とにかく深い。開口部が非常に狭くご遺骨が手で取り出せない。「どうしたもんじゃろのうぉ〜」と考え、鋤簾(じょれん)で救出致しました。合計で11柱ものご遺骨が収蔵されていました。取り出されたご遺骨は、海へ還られる予定です。

都内を飛び回る

本日は、渋谷区の寺院にて墓じまいです。
埋葬されていたご遺骨は西五反田にある有名な屋内型墓所へ改葬される予定です。
今回、当社ホームページよりお見積りのご依頼があり、既に改葬手続きはご依頼者様の方で完了されているとの事でした。
そのためトントンと事が進み、ご相談から1週間程度で墓じまいが完了しました。現場では寺院指定の石材店が、他の墓所の墓じまいを進めていて、「お墓は売れないですね!墓じまいばかりです。」そんな情報交換がありました。確かに当社も同じで、新規の建立のご依頼は少なく、撤去のご依頼ばかりになっています。その結果、墓じまいに特化したスタイルになってきているのも事実です。この先、寺院の立ち位置はどう変わっていくのでしょうか?

渋谷の現場は任せ、大田区の寺院へ。3体の委託散骨のご依頼を頂き、ご遺骨を寺院へ引取りに行きました。
委託散骨のご依頼者様も同様、当社の対応ではありませんでしたが、指定の石材店で墓じまいを行っていたようです。

大田区の寺院にて引取りが終わり、都内にいるうちにと思い雑司が谷霊園へ。
お墓のリフォームのお見積りです。なんだか、霊園管理事務所から「お墓が傾いている。倒れて裏隣の迷惑になる前に修繕を…」そんな事を言われて….と、ご依頼者様。現地に行きましたが、この程度で?と思うほどだったのですが…霊園内の花屋と管理事務所が絡んでいるようで癒着?と一瞬思ってしまいました。それはないと思うのですが…

染井霊園から青山霊園の石塔移設、外柵補修のご依頼もあり、今週は都内を飛び回っておりました。
明日は、また都内でして…葛飾区でご遺骨のお引取りです!

雨の多磨霊園にて

本日は…雨。
多磨霊園にてお墓の撤去作業です。石材の小売販売やリフォームの取り扱うことができます。お気軽にお問い合わせください。
今回は去年の12月にご相談を頂いていたお客様で、やはり施設変更です。多磨霊園内の合同埋葬施設へ移動(改葬)となります。雨でぬかるんだ状態での作業でしたが、午前中には完了。すっきりしたのは墓地だけでなく、依頼者様の心境も同様。午後にご依頼者様が霊園に到着。合同埋葬施設へ、ご遺骨が改葬されるところを見届け、お帰りになられました。ますます増えていくと思われる墓じまい。効率化と低価格化を考えていかなくてはならないと思うところでございます。

摩訶不思議

本日は埋葬と追加彫刻のご依頼で都営八王子霊園へ。
摩訶不思議の「摩訶」とはサンスクリット語の「maha」の音写で「大いなる」「非常に」「優れている」といった意味の仏語。
人智を超えた不思議ということです。
2月の下旬に立て続けに2件のご依頼があったのですが、霊園に到着してから気づきました。
同じ区画で2列違い…で同じ行!ご紹介して頂いたのでしょうか?と墓石に訴えてしまいました。そう思うくらい近いのです。以前にも申しましたが「見えない何か」があるのだと思いました。当社にとっても近いことはとても有難いことです。追加彫刻の際に移動がなく彫刻を施すことができます。

…最近見かけるのは大掛かりな霊園整備。八柱霊園でも参道にアスファルトを施す工事が行われていたり八王子霊園でも、参道と芝生の張り替えが行われていました。詳しいことは分かりませんが、都の税金も使われているのだと…それに対して民間の霊園はこれからどうなるのでしょう。つい先日、「妻の両親の墓じまいを検討しているのだが撤去費用があまりにも高い」というご相談を頂きました。使用許可書には
「経済事情の変動、公租公課、人件費等の増額、又は関東近辺の霊園管理料との比較等により不相当となった時増減することが出来る」とあります。ほんの10年で供養のかたちも様変わりしました。平均的な大きさの区画で年間管理料が2〜3万なんてことも十数年で起こりうるかもしれません。

http://bosekinotakumi.com/blog

Posted by 株式会社墓地ナビ on 2016年3月1日

八柱霊園にて墓じまい

昨年、海洋散骨のお手伝いをさせて頂いたお客様から、「今回を期に八柱霊園のお墓を撤去しようと考えています」とご相談を受けました。埋葬してあるご遺骨は、八柱霊園内に新たに新設された合同埋蔵施設へ。墓じまいから海洋散骨まで一貫してお手伝いをさせて頂きました。今後、このようなケースが増えてくると思われます。また、最近では寺院にあるお墓の撤去を、お寺との話し合いから全てお願いしたいというご相談も多く寄せられております。この先、様々なニーズに対応できるよう経験と知識が必要となることは間違いありません。お客様からのご相談に耳を傾け力を尽くしそして成長する。そんな努力をして参りたいと思っております…

http://bosekinotakumi.com/blog

Posted by 株式会社墓地ナビ on 2016年2月25日