多磨霊園にて据え直し

多磨霊園…26㎡の外柵据え直し作業。
後方の石はずれて傾いています。正面の石も所々ずれて目地のセメントも経年劣化しとれてグラグラしています。今回は全ての石を一旦バラして整える作業です。そして今後、雑草に悩まされない対策を施していきます。
納骨するスペース…カロートの開口部分も補修し、そして特注のステンレス製の手すりも取り付け、最後に高圧洗浄機できれいにする予定です。

株式会社墓地ナビのFacebook

多磨霊園のリフォーム

ご依頼頂いた多磨霊園の墓所リノベーションが完了しました。
お値段以上だと思います。墓石は和型から洋型に変更。
墓誌台も白御影石から黒に統一…そして張り石。とても高級感が出ました。
5月5日が納骨の予定。ご依頼者様には必ず喜んで頂ける事だと思います。

株式会社墓地ナビのFacebook

雑草に悩まされない!

お墓参りに行く事が苦痛と感じてはならない…
私はそう思うのです。
私が故人の立場なら「お墓参りの度に本当にすまないね…」そう思ってしまいます。
苦労して墓守をすることも大事な事だと思う方もいるかもしれない。
だが…「仏の顔も三度まで」やはり怒りや辛さは「仏」でも感じる…
であれば、根底から対処するべきなのではないでしょうか?
生きる事は辛い。日々、どれだけ平穏で人間らしく生きるかが大事のでは?
そう思うところでございます。
「お墓参りの度に本当にすまないね…」から「お墓参りに来てくれてありがとう」にきっと変わります。

とうとう

本日は、海洋散骨のためのご遺骨引取り日。入間市の仏子へ。
そして、そこから10分。国道を挟んだ先の狭山市へ。墓所撤去のお見積りです。
今まで、公立の霊園や寺院墓地のお墓の処分は多く請け負って来ましたが、いわゆる野墓地という集落で管理してきた共同墓地を「墓じまいしたい」と、今回ご相談を受けました。このような墓所は、昔からその土地にお住いで、現在に至ってもご親戚の繋がりが深い傾向にあると思われるのですが、どうして…
今回ご依頼を頂いた〇〇家が多く見受けられます。管理費が無いなんてこともあり、家からも近くて申し分も無いはず。事情については、とくにお尋ねしませんでしたが、そういう方も「とうとう」出てきたと印象に残りました。

そして、高速道路で都営八柱霊園へ移動。
ここでも、墓じまいのお見積り。別で墓石への追加彫刻のご依頼。

西門で大きな穴?工事をしていました。
水害対策をしているようです。これから水害が増していく日本。
丘カロート採用以前の民間霊園が、このような対策をとるのか?カロートは水没し故人様の遺骨は水攻めに?
「死んだらわからない」の一言で済めば、問題無いのですが。水害に合い思いがけない支出が霊園の経営を圧迫することも…大丈夫か?日本の霊園事情!

珍百景

先日、染井霊園横の寺墓地で墓じまいをお手伝いさせて頂いた依頼者様より、お菓子とお手紙を頂きました。
心より御礼感謝申し上げます。
埋葬と戒名の追加彫刻のご依頼を頂いたので本日は、豊島区の染井霊園へ。
不謹慎だと思うのですが「これは珍百景?」…〇〇家の正面文字が…左側面?!
また、墓誌も割れている墓誌を使用?
ふと…〇〇家は正面。墓誌は、かまぼこ型。それが当たり前だと思っていたが、なんだっていいんだと改めて思う。
故人を偲ぶために建立する。建てる事が目的ではない。割り箸だっていい。それは極端ですがそういう事ではないでしょうか?

Before After

多磨霊園の外柵リフォーム完成。
メンテレス。お墓参りが楽になる仕様に大変身を遂げました。
費用は、大サービスで喜んで頂ける内容となりました。
詳しくは、ぜひお問い合わせください。